宇宙叡智の学校

第7章 星降る夜空 〜星に願いを〜

リーナ・エダが贈る
美しく生きるための9つの知恵

夕闇迫る虚空の彼方、
星の瞬きが神妙な世界を織りなし、
この世の夜空に煌めきながら顕れる。

美しい星に魅せられた魂は
智慧の光を授かり、そっと心を通わす。

漆黒の闇が迫り、
星々が囁き始める頃、
銀河を巡る賢者は魔法の絨毯で
時空のトンネルを幾つも超えていく。

孤高の賢者はあなたに問いかける。
おまえはどこから来て、どこへ行くのか…
答えのない問いが宇宙に響き渡る。

星々が煌めく夜空は、
美しき魂たちの切なる願いであり、
尊き叡智の光が瞬く。

さあ、深遠なる叡智が眠る神秘の世界へ旅立ちましょう。

WISDOM 智慧の言葉 美しく生きるための9つの知恵 第7章 星降る夜空 〜星に願いを〜

あなたは最近、夜空の美しさや星の瞬きを眺める時間を持っていますか?

夜空に輝く美しい星々は様々なファンタジーを紡ぎ、私たちを魅了してきました。夕暮れの空が茜色から紫色へと変容する時、空に瞬く星たちはそのキラメキを増しながら夜の訪れを知らせます。人々は星にさまざまな願いを託し、計り知れないほどの気づきや智恵を手にしてきました。古代の社会では、星の動きを観察しながら世の中のできごとを解釈したり、銀河や惑星を観測しながら国や人々を守るための道筋を考えたりと、私たちと天体は深く関わりを持ちながら歩んできました。世界中に星座の物語や神話が存在しています。それぞれの星や惑星にも神々が宿り、自然界の秩序を保っていると信じられてきました。広大な宇宙の中で美しき地球も見守られながら、美しいシンフォニーを奏でる銀河の仲間として存在しています。静かな時を持ち、魂の世界から夜空を眺め、瞬く星たちのささやきに耳を傾けるのなら実感するはずです。私たちは心に願いが生まれると、その願いを叶えたいと星の祈ったり、星に託したり、どこかで星々や果てしない銀河に神聖な力を感じてきたように思います。星に願いを託し、ある時は助言を求めて祈り、自らの人生に智恵をもたらそうとしてきたことは、いつの時代でも変わらない事実です。

夜空の神秘に思いを馳せ、星の瞬きに心奪われる時、あなたの中で大きな変革が訪れようとしていることを告げています。

美しい星空を描く星の瞬きは、この世の中で人生のドラマを描く私たちの姿そのものです。
星の一つひとつに特性や働きがあって宇宙全体にユニークな貢献をしているように、私たち一人ひとりも、存在する大切な役割を持って世の中全体に貢献をしています。私たち一人ひとりは宇宙にとってもかけがえのない存在であり、大いなるシンフォニーに参加しています。

今日から美しい夜空を見上げてながら星々とおおいに語り合いましょう。広大な夜空やきらめく星たちに心を開くほど、きらめくアイディアや思いがけないヒラメキ、悟りへの導きや人生を照らす智恵の光、それらをきっと授かるでしょう。何億もの星々にユニークでオリジナルなドラマがあります。神秘なる世界へ誘う夜想曲に耳を傾けながら、ファンタジックな神話世界に酔いしれるのも素敵な時間の過ごし方。その幻想的な響きや美しい旋律はあなたの魂に働きかけ、目に見えない尊いものを信じる心を育てます。フランスの作家サン・テグジュペリが描いた『星の王子さま』のメッセージは、「大切なものは目に見えない」でした。そうなのです。だからこそ、内なる魂の目で見て、触れて、感じて欲しいのです。

さあ、一日の終わりに、夜空の神秘に魅せられる“星のエクササイズ”を始めましょう。

その時間は窮屈な心を解放し、意識に目覚めをもたらします。星の瞬きに思いを寄せながら新しい自分を発見したり、夜空の広大さに触れることで、深遠な叡智を賢者から授かるでしょう。偉大な賢者はあなたの人生に叡智の光を授けてくれます。

ONE Lesson エクササイズ

【星に願いを】
夕食の後、静かなひとりの時間を作ります。お家の庭かベランダに出て、夜空に輝く星々を見つめ、両手を合わせ合掌礼拝。幻想的な世界へ誘うためにインセンス(お香)を焚き、ゆっくり呼吸を整えながら、アンビエントな音楽に身をゆだね、遥かなる世界に思いを馳せていきましょう。

夜空に自分の魂と触れ合う星を見つけてください。 その星に語りかけてみましょう。

東洋の教えでは、人は誰でも決まった星を持っていて、その星はあなたに発見される時を静かに待っていると伝えています。一度その星を見つけたのなら、それはいつでもあなたを見守る“心に瞬く星”となります。ゆっくり深い呼吸をしながら心を鎮め、内なる魂の目で見て触れて感じてください。夜空に親しみながら、あなたの《直観》でその星を見つけましょう。私たちは美しい魂の光を心の内に宿しています。あなたの魂が夜空の星と触れ合う瞬間、まさに大切なメッセージがあなたに贈られてきます。《直観》=インテュティションは、日常の意識を超えた高次元の自己から発せられるメッセージです。夜空と親しみながら、自分だけの輝く星を見つけてください。

次は触れ合う星を見つけたら、星に願いを託します。あなたの願いは何ですか? あなたの望みは何ですか?どんな導きが欲しいですか?さあ、瞬く星に心を込めてあなたの願いを託しましょう。その願いを叶えるための大切なメッセージを受け取りましょう。星に願いを託したら、静かにメッセージが届くのを待ちます。そのメッセージは、あなた考えや思いを越えたものであり、遥かなる銀河の中心から湧き出るように、あなたのもとにやってきます。メッセージがすぐに届かなくてもあきらめてはいけません。あなたの受信能力や感度に合わせて答えはやってきます。ふっと手にした書籍の中に、スイッチを入れたテレビの中に、会社や学校帰りの電車の中の会話など、メッセージはあなたが受け取りやすい状態でやってきます。こうして星空や銀河たちと心を通わせていると、いつかは深呼吸を数回するだけでアクセスが可能になり、必要なメッセージを瞬時に受け取るようになるでしょう。何事にも根気は大事です。気長にあきらめずトライし続けましょう。

最後に静寂の夜空と瞬く星に向かって合掌礼拝です。

 

祈り
美しい地球で自らを開花させ
すべてのものたちへ叡智を受け継ぎ
広大な宇宙の中で
美しいシンフォニーを奏でられますように♪
人生が彩り豊かになり
すべてのものの才能が開かれますように♪

宇宙の揺らぎに身をまかせ
夜空に輝く星たちに“感謝の心”を贈りましょう。
さあ、研ぎ澄まされた感性で道を拓き、
新しい意識の目覚めです。

リーナ・エダ 合掌

アドバイス

あなたに贈るワンポイント・アドバイス。《直観》=インテュティションを高めるには、静かなひとりの時間を持ち瞑想を通して内なる感覚を高めることが肝心です。五感を超えて第六感に意識を開くこと大切です。最初は花々や木々、太陽や満月など自然に触れながら心を通わせてみましょう。また、夕暮れの神秘なる時間、大海原の波の音、大自然に触れながら、内なる感性を育て、沈黙の時間と親しみましょう。沈黙の時間はあなたの高次の意識を開き、真実の回廊へと誘います。真実の回廊を通過する時、あなたの魂は幾多の月日の記憶を呼び覚まします。ますます《直観》が磨かれてくるのを実感するでしょう。ノートに質問を書いて、瞬く星(大いなる自己)質問を投げかけ、その答えを静かに待つエクササイズも《直観》を高める大切な役割を果たします。

千趣会WEBサイトFrom女の子コラムより
©2007-2015 Lina Eda & Spirit of Universe Institute.

PAGE TOP